そのデニム捨てないで!再利用してみよう

>

知らなかった!企業のデニムリサイクル

この記事をシェアする

100%デニムでできたサングラス

サングラスの大手メーカーでは、大量に廃棄されるジーンズを使ったサングラスを販売しています。
環境問題に大きな関心のあるデザイナーの手掛けるデニムサングラスは、その質感と色合いが、サングラスというシャープなイメージのあるアイテムに絶妙にフィットしています。

デニムを顔に着けても違和感ないのかな?と心配に思うかもしれませんが、そこはさすが大手メーカー。
普通のサングラスとかけ心地は全く変わらず、デニムだけが浮いた印象になるということもありません。

カラーも豊富で、アジア系の方の顔に合うよう設計されたものもありますから、安心して楽しむことができます。
男女問わず履けるデニムだからこそできる、ユニセックスでおしゃれなサングラスは、ぜひ一度手に取って頂きたい一品です。

衣料品メーカーの取組み

大手ジーンズメーカー「Levi's」の環境問題に取り組む姿勢は、まじめすぎるとまで言われています。
節水加工技術の開発や、古着の回収などを積極的に行っています。
この古着回収では、服を必要としている団体などの支援物資として寄付したり、着られないもの細断して別のものの材料にしたりといった取り組みを行っています。

スウェーデン発のブランド「H&M」では、古くなったデニムを回収し、新たなデニムの素材として利用したリサイクルデニムを販売しています。
新しい流行や季節ごとにたくさんの商品が入れ替わり、目まぐるしく変化するファッション業界では、こういった着なくなった服、捨てられる服もまた大量にあるのです。
これらを資源として生かす取り組みは、様々なブランド、メーカーで行われています。
自分でリメイクするのが面倒だと感じる方は、ぜひこういった活動に参加されてみてはいかがでしょうか。