そのデニム捨てないで!再利用してみよう

>

生活雑貨もデニムにしてみよう

この記事をシェアする

リビングで使うデニムアイテム

ジーンズは、一つ一つに色合いや模様など、個性があります。
それぞれを上手に組み合わせると、新しいデザインができあがります。
そんなデニムを生かしたリビングで使えるアイテムとして、クッションカバーがあります。
端切れを縫い合わせたパッチワーク風や、濃淡を生かしたデザインなど、個性的でかっこいいクッションカバーは目を引きます。
デニム同士を縫い合わせたり、他の布を張り付けたりするだけで簡単に作れます。

複数デニムを持っているという方は、足の部分の布を切り広げ、濃淡や色の違うデニムを放射状に並べてつなげたラグマットを作ってみては?
手間のかかる作業ですが、ジーンズで作られたとは思えないハイクオリティのマットが、お部屋でしっかり存在感を放ってくれます。

キッチンにもデニムを忍ばせて

料理をする際に、エプロンを付けるという方は、思い切ってデニムのエプロンを作ってみませんか。
ポケット部分もあり、丈夫で汚れても大丈夫なエプロンは、お子様用に作ってあげても良いかもしれません。
ワッペンや他の布でアレンジして個性を出して。

意外と熱いものも触れられるデニム生地を、鍋つかみにアレンジしてみるのも面白いかもしれません。
表面をデニムに、裏地は好きな布を縫い合わせて、自分の使いやすいように切り出して縫ってしまえば、オリジナルの鍋つかみができます。

ジーンズの股下部分、実はワインボトルにピッタリな長さがあります。
底の部分をぱっと縫い合わせてしまえば、ワインバッグに早変わり。
コサージュなどをつければプレゼントにもなります。